?

?

1993

4月

西春フィルハーモニー・オーケストラ 設立
 西春フィルのあゆみはコチラ → 
2006

4月

団名称 北名古屋シティ管弦楽団に変更
5月7日 西春・師勝少年少女合唱団合同演奏会 
 春の声・ハンガリー舞曲5番
 フィンランディア・ハレルヤ
 大地讃頌・ビリーブ
9月3日 第1回定期演奏会(指揮:竹本義明)
 モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」
 ソプラノ:松波千津子 アルト:谷田育代
 テノール:山田正丈 バス:澤脇達晴
2007
3月11日 第2回定期演奏会(指揮:竹本義明)
 ワーグナー:ジークフリート牧歌
 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ピアノ:松永祐未子
 ドヴォルザーク:交響曲第8番
9月2日 第3回定期演奏会(指揮:古谷誠一)
 ブラームス:悲劇的序曲
 ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
2008
3月9日 第4回定期演奏会(指揮:竹本義明)
ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」
ベートーヴェン:交響曲第7番
9月7日 第5回定期演奏会(指揮:濱津清仁)
ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」
シベリウス:「カレリア」組曲
ブラームス:交響曲第1番
2009
3月22日 第6回定期演奏会(指揮:竹本義明)
シューベルト:交響曲第7番
モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 ホルン独奏:野々口義典
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
9月6日 第7回定期演奏会(指揮:竹本義明)
ボロディン:中央アジアの草原にて
チャイコフスキー:スラヴ行進曲
ベートーヴェン:交響曲第3番 英雄
2010
3月14日 第8回定期演奏会(指揮:吉住典洋)
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
スメタナ:交響詩「高い城」
シベリウス:交響曲第2番
9月6日 第9回定期演奏会(指揮:竹本義明)
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 (Vn独奏:須山暢大)
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
2011
3月6日 第10回定期演奏会(指揮:古谷誠一)しらかわホール
レハール:金と銀
チャイコフスキー:バレエ組曲「胡桃割り人形」
ブラームス:交響曲第2番
9月4日 第11回定期演奏会(指揮:米津俊広)
メンデルスゾーン:歌劇「真夏の夜の夢」序曲
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
シューマン:交響曲第3番「ライン」
2012
3月4日 第12回定期演奏会(指揮:竹本義明)
エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
ハチャトゥリアン:組曲「仮面舞踏会」
ベートーヴェン:交響曲第2番
9月2日 第13回定期演奏会(指揮:米津俊宏)
スメタナ:連作交響詩「我が祖国」よりヴルタヴァ
ドリーブ:バレエ音楽「コッペリア」より
ボロディン:交響曲第2番
2013
3月24日 第14回定期演奏会(指揮:濱津清仁)
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」
ラフマニノフ:交響曲第2番
第15回定期演奏会(指揮:竹本義明)
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」 (Vn独奏:天野千恵)
2014
3月30日 第16回定期演奏会(指揮:岸本沙恵子)一宮市民会館
ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番 (ピアノ独奏:岩田晃)
ドヴォルザーク:交響曲第6番
9月21日 第17回定期演奏会(指揮:古谷誠一)
ボロディン:中央アジアの草原にて
グノー:歌劇「ファウスト」バレエ音楽
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」
2015
3月22日 第18回定期演奏会(指揮:米津俊広)
シベリウス:カレリア序曲
ウェーバー:ファゴット協奏曲 (ファゴット独奏:依田嘉明)
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」
9月13日 第19回定期演奏会(指揮:竹本義明)
ブラームス:大学祝典序曲
ハイドン:交響曲第101番「時計」
シューマン:交響曲第1番「春」
2016
3月20日 第20回定期演奏会(指揮:古谷誠一)
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」
チャイコフスキー:組曲「眠れる森の美女」
ブラームス:交響曲第3番
9月11日 第21回定期演奏会(指揮:松山英司)
ビゼー:劇音楽「アルルの女」
シベリウス:交響曲第1番
2017
3月19日 第22回定期演奏会(指揮:岸本沙恵子)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲〈チェロ独奏:長谷川彰子〉
ドヴォルザーク:交響曲第7番
9月17日 第23回定期演奏会(指揮:米津俊広)
ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
モーツァルト:交響曲第25番
カリンニコフ:交響曲第1番

inserted by FC2 system